【そんな物も?!】一緒に食べると危険な食材

世の中には一緒に食べると科学的に悪影響とされる危険な組み合わせが存在しています。

今回はその危険な食べ物の組み合わせをまとめてみましたので参考にしてみてください。

ウナギと桃

桃はウナギと匹敵するほどのスタミナ食材なのです。

桃に含まれる有機物がウナギの脂肪の吸収を妨げ消化不良を起こすことがあるそうです。

一緒に食べることは避けましょう。

天ぷらとスイカ

スイカは水分が多いため、胃酸を薄めてしまい天ぷらの消化を妨げてしまいます。

「油分の多い食べ物」と「水分の多い食べ物」といった組み合わせは特に、

胃腸の弱い人や下痢気味の人は避けたほうが無難です。

茄子と蕎麦

茄子の漬物には体を冷ます作用があり、蕎麦には胃を冷やす作用があります。

その為、冷え性の人下痢をしたり手足の震えなどを引き起こすことがあります。

対策としては、加熱すればその作用は緩和されるため温かい蕎麦なら無難です。

同時に体を温める効果のある、ねぎや七味を乗せると良いでしょう。

ベーコンとほうれん草

定番の一品とも言えるベーコンとほうれん草の組み合わせですが、

ほうれん草に含まれている硝酸が体内で亜硝酸に変化すると、

ベーコンに含まれるタンパク質の分解物と反応て発ガン性物質が生成されます。

また、ベーコンに含まれるリン酸がほうれん草に含まれる鉄分やカルシウムの吸収を

阻害する為一緒に食べることはよくないとされています。

ほうれん草とベーコンを調理する際には、ベーコンを湯でさっと茹でてから

ほうれん草と炒めるようにしましょう。

ひじきとゆでたまご

ゆでたまごの卵白から出る硫化水素には硫黄が含まれています。

硫黄は鉄分吸収を妨害する働きがあるため、貧血気味の人がひじきとゆでたまごを

一緒に食べてしまうとせっかくのひじきの鉄分が無駄になってしまいます。

ビールとフライドポテト

肝臓でアルコールが分解される時に、肝臓内では脂肪の合成を促進する酵素が発生します。

ビールに限らずアルコール類と一緒にフライドポテトや鶏の唐揚げなど

高脂肪の食品を食べてしまうと、脂肪の合成が加速することになります。

紅茶とレモン

レモンティーとして定番の組み合わせ。

何が問題なのかというと、輸入のレモンに使用されることが多い防カビ剤のOPPという成分。

カフェインと組み合わさることで、発癌性物質を作り出すことがあるのです。

国産レモンでOPPが使われることはめったにないので、レモンティーにする時には

レモンの産地に注意しましょう。

おわりに

いかがでしたか?

この組み合わせが危険なんて知らなかった!という方もいたと思います。

注意して安全に食事を楽しんでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする