【驚愕】高齢者犯罪が増えている理由

今のご時世、高齢者が犯罪を犯すケースが増えてきています。

20年前の1998年に比べて、2018年は約4倍と言われています。

それは一体なぜなのでしょうか?




なぜ高齢者の犯罪が増えてきているのか?

見出しでも述べましたが、20年前の1998年に比べ、高齢者の犯罪が約4倍に増えています。

殺人や放火などの凶悪犯はもちろん、傷害や暴行といった粗幕藩では高齢者が凄まじい勢いで増えてきています。

そのなかでも、大きく増加しているのは傷害・暴行でこちらは20年前の1998年の20年前に比べると約20倍にも増えています。

その理由は現代の日本の政治に問題があるともいえるかもしれません。

高齢者は刑務所に入りたい?

上記で述べた高齢犯罪者で、中には「刑務所に入りたい」という高齢者も居ます。

刑務所に入れば朝昼晩ご飯もついてきますし、今よりまともな生活もできます。

刑務所に舞い戻るために、出所後ほどなくして同じ罪を犯す高齢者も少なくないといいます。


犯罪を犯す背景には、孤独や孤立といった問題が…

独り暮らしであったり、家族がいてもうまくコミュニケーションがとれなかったりする、「孤独」な人が増えてきているというのが、一番大きな原因でもあります。

社会との繋がりに欠ける高齢者たちのストレスが大きくなっていることも原因ではありますし、寂しい、相手にされないといったイライラが荒っぽい言動に繋がり、犯罪を犯す傾向にあります。

生活保護を受ける高齢者は戦後最高を記録し、刑務所を出ても家庭もお金もありません。

高齢者の4割が独り暮らしとされる日本では、結果的に犯罪を繰り返すことになる。一種の悪循環といえます。

こういう事態から「家族を守ろう!」

高齢者が犯罪を犯さないために最も重要なのは「人との接点づくり」だと筆者は思います。

家族(同居者)ができることの一番は、やはり「一緒に暮らすこと」です。

自分にも家庭があったり、仕事があったりという理由で、同居が難しい場合は、公的な見守りサービスを活用すると良いでしょう。

仕事・ボランティア・趣味など何かしらの繋がりを積極的につくることで一人暮らしをしていても社会から孤立しないための対策を立てる高齢者が増えてきていますし、今後増えていくでしょう。

ネットの反応

「俺も将来犯罪者か…」

「今の日本が悪い。

日本政府がクソだから、結果こういう現象が起こっている」

「俺は将来こういう老人にならないようにしよう」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする