【裏技】自販機に隠された機能とは!?

いつも何気なく飲料を購入している自動販売機。

その自動販売機に、隠された機能があることを皆さんはご存知でしょうか?



今回は自動販売機の裏技をご紹介していきます。

友人と遊んでいる最中や彼女とデートの最中、飲料を買うときに教えれば会話が盛り上がるかもしれません!?

※自動販売機のメーカーによって機能差がありますので確実に実行できるとは限りませんのでご了承下さい。

自動販売機で両替できる!

「この後に小銭がいるのに、小銭がないし近くに銀行やコンビニもない…」

こんな経験はありませんでしょうか?

そんなとき、自動販売機が近くにあれば解決します!

自動販売機で両替の方法

まず自動販売機のお札投入口に1000円札を投入します。

その後、もう一枚の1000円札を投入します。

2枚の1000円札を投入したら、返却レバーを下に下げます。

すると1枚の1000円札はそのまま戻ってくるのですが、残り1枚の1000円札は何故か小銭に両替されて返ってくるのです。

しかし、この裏技はあまりおすすめできないものです。

自動販売機の小銭が少なくなればなるほど、10円玉切れ、100円玉切れの釣り銭切れが発生するため、他の利用者が1000円札しかない場合、その利用者は自動販売機で飲料が買えなくなってしまいます。

そして自動販売機を設置している業者さんに対しても迷惑になります。

ですのでどうしても小銭が必要というシチュエーション以外は自動販売機で両替は行わないようにしましょう。



今売れている商品の売上数がわかる!

自動販売機で売上数を確認する方法

自動販売機の返却レバーを引きながら、飲料のボタンを押す。

普通ならボタンを押したら投入金額が表示されるが、返却レバーを下げながらボタンを押すと、その商品の売上数が表示される(おそらく累積)。

ちなみにこれは自動販売機メーカーによって違うみたいです。

サントリー系の自動販売機ではその商品の温度が表示されるみたいです。

昼でも自動販売機の電気を点灯させる!

新しいタイプの自動販売機なら、人が前に立っただけで電気が点灯するタイプのものがありますが、古いタイプの自動販売機では、そういった便利な機能はありません。

自動販売機のライトを点灯させる方法

お釣りの返却レバーを5秒間続けて下げる。

※自動販売機の種類によっては、3秒でも可。

※コカコーラ系の一部の自動販売機では、釣り銭返却レバーを下げながら,適当な購入ボタンを2つ長押しすれば自動販売機の蛍光灯が強制的に点灯します。

暗くてなかなか商品が見にくい場合に、簡単に電気をつけることが出来ます。

おわりに

今回は自動販売機の裏技をご紹介しました。

実践するならば、周りの迷惑にならないように実践しましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする