【そういえば知らなかった】厄年の意味とは?

「厄年」と聞くと悪いことが起きる、など悪いイメージが湧くものですよね。

「厄年」とはそもそも何なのか、してはいけないことなどまとめていました。

「厄年」とは?

新年を迎えると、『今年は厄年か~』という声が周りから聞こえてきますよね。

厄年とは、一生のうちで災難がふりかかることが多い年齢のことです。

日本では平安時代かそれより前から広まり、今だに浸透しています。

根拠はなく迷信や経験的根拠に基づいたものと考えられています。

厄年には、悪いことが起きる可能性が高いので

『気を引き締めて過ごしましょう』という意味が込められています。

厄年は男女別で男性の本厄が数え年で、25歳、42歳、61歳

女性は19歳、33歳、37歳、61歳です。

「厄年」にはどんなことが起きるのか

根拠がなくても、『何か悪いことが起きるのでは』と気になるところです。

厄年は一般的には、「病気になる」「恋愛がうまくいかない」「体調不良になる」

といった暗いイメージですよね。

それだけではなく、運気が変化するとされる厄年に自分自身の大きな変化を

重ねることは避けたほうが良いと昔から言われています。

例えば、「引っ越し」「家を建てる」などは避けたほうが良さそうです。

実際に厄年に起った不幸エピソードを見てみましょう。

・父親が死んだこと。厄年は自分ではなく、自分の周りに起こると聞いたので

まさにそうだった。(20代男性)

・恋愛関係が最悪に。

その後、体調が悪くなり仕事が数ヶ月できなかった。(30代女性)

見ているだけで辛くなります・・・。

2018年の厄年は?

厄年は「数え年」で数えますので、間違えないように注意してください。

「数え年」とは年齢+1です。

厄払いとは?

厄年になると「厄払い」をする方も多いと思います。

しかし『厄年なんて迷信だ』といって気にせず厄払いをしない方もいますよね。

ですがもし、自分や家族に不幸が起こった時、厄払いをしなかったことを

後悔すると思います。

後悔しないためにも、気になる方は厄払いは必要なのかもしれませんね。

厄払いに行くならば、厄年に入る前に行うのが良いと言われています。

厄年に入る前と言っても、新年になる前までということではありません

昔は立春を新しい一年の始まりとしていました。

立春は節分の翌日なので、元旦から節分の前までに厄払いをすると良いとされています。

厄払いの料金は、神社によって異なりますが、大体3000円~10000円ぐらいが

相場のようです。

おわりに

不安な気持ちを抱えて過ごすよりも、厄年を受け入れて

厄払いすることも大事なのかもしれませんね。

厄年のみなさんは厄を祓って、晴れやかな気持ちで1年を過ごすことをおすすめします。

2018年が素晴らしい年になりますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする