【お金が貯まる人になる!】お金を貯めるにあったての注意点

今回は、お金を貯めるにあったての注意点を紹介したいと思います。



お金が貯まらない人の特徴

お金をうまく貯められない人には、いくつかの特徴があります。

・毎月何にいくらお金を使っているのか把握していない

・貯金をする目的があいまい

・貯金の目標金額を決めていない

・お金が余ってから貯金をする

・定期的に通帳を記帳しない

・衝動買いが多い

・財布の中が整理されていない

・苦手なものは後回し

チェックがついた数が多ければ多いほど要注意です。

お金の管理ができていない状態になっています。

お金を上手に貯めるあたっての注意点

1.ちょこちょこ買わない

旅行に行ったり、可愛い服があったりするとついつい買ってしまいますよね。

しかしちょこちょこだと思っていたのが、後で重くのしかかってきたりします。

もちろんせっかくのことなのであまりケチケチするのも嫌かと思います。

その場合はある程度の予算を立てて行動するのがベストだと言えます。

2.先取り貯金をする

先取り貯金とは、給料が入ったらすぐに貯金をすることです。

毎月○○円は貯金するって感じですね。

「今月使っていいお金は、合計で8万円」というように、貯めるお金ではなく、『使うお金』を自分で決めるのがポイントです。

例えば、手取り月収が20万円のAさんの場合、家賃で7万円、水道光熱費等の固定費が2万円かかるため、食費や外食費、交際費、洋服代など、「自分が自由に使えるお金は8万円にしよう」、それなら毎月3万円は貯められそうだ…などと逆算して考えます。

収入からまず先取り貯金をして、その残りでやりくりをする




クレジットカードはあまり使わない

【メリット】

多額の現金を持ち歩く必要がない

特に小銭はかさばりますし、何よりお財布が重たくなってしまいますよね。

お財布の中がいつもカードや小銭でパンパンになっている人は「お金が貯まらない」という傾向もあるようです。

ポイントが貯まりやすい

メリットとして、「ポイントがつく」ということです。

特に携帯電話や出張費など、毎月決まっての出費の場合はさらにお得になります。

【デメリット】

『お金を使った』という感覚が持ちにくい

クレジットカードを使って買い物をすると、なぜか身銭を切って自分で買った!という感覚が少なくなるようです。

購入時に、お財布や口座から現金が一切減らないから、だと思います。

そのため、調子に乗ってばんばん買い物をする。そして1月後に届いた請求書を見て愕然とするというケースもよくあるようです。

分割、リボ払いのワナ

怖いのは分割払い、もっと怖いのはリボ払いです。

分割払い

例えば10万円の商品を分割10回払いで購入する場合には、

10万円÷10回なので1回あたり1万円+金利の支払いをすることになります。

要するに購入代金が10万円なら、それを何回にわけて支払いをするかを決めるのが、分割払いなのですね。


リボ払い

こちらは支払い回数ではなく支払い金額を固定させる方法のこと。

例えば毎月のリボ払い返済金額を1万円で設定した場合、

10万円の商品をリボ払いすると10回払い、20万円の商品なら20回払いになります。

(下記は月々の支払額を1万円で固定させた場合)

10万円をリボ払い:1万円×10回払い+金利

20万円をリボ払い:1万円×20回払い+金利

30万円をリボ払い:1万円×30回払い+金利

つまり、いくら負債が増えても支払いは月々1万円と変わらないので、リボ払いを続けると、どんどん負債が膨らんでしまい、残債が分からなくなってしまうのです。

気づいたときにはクレジットカードの限度額いっぱいで手がつけられない……ということもありえるのです。

カードを所有したら、ご利用は計画的に。特に、分割払いとリボ払いには気をつけたいものですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする