【悲報】ネット上で議論に!「触らない痴漢」とは?

長年問題視されている痴漢問題。

電車の中で女性の匂いをかぐような「新型痴漢」が横行していると、元埼玉県警鉄道警察隊長がテレビで解説し、ネット上で論議になっています。




電車で起きている「新型痴漢」

元埼玉県警鉄道警察隊長の澤登真珠枝さんは、

「最近、取り締まりが厳しいですから、触ったりすると、すぐに逮捕されたりするわけですね。 だから、直接に触ることはできな。だけれども、女性のそばに行きたいというような欲望を満たすために、ホームなどで好みの女性を物色して、その方の背後などについて、一緒に電車に乗っていく」

と明かしました。

痴漢をする男性は、また元の所に戻って次のターゲットを見つけるそうです。

こうした行動から、電車の揺れなどを利用して自然な接触に見せかけたりするほか、「触らない痴漢」もあると説明しました。

触らないのに「痴漢」成立する?

澤登真珠枝さんは、匂いをかいだりなどする行為については、「検挙する」と番組の中で言い切っています。

しかし警視庁のサイトでは、

「衣服や下着の上、あるいは身体に直接触れて、手で下半身や尻、胸、ふともも等を撫で回す」

「背後から密着して、身体や股間を執拗(しつよう)に押しつける

などと、直接的な接触を前提とする説明がされています。

痴漢取り締まりに適用されることが多い迷惑防止条例(東京都)でも、

「公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること

といった表現をしています。



そういったこともあって、ネット上では

「匂いを嗅ぐのは犯罪じゃないだろ!」

などといった書き込みが多くみられます。

しかし、上記の迷惑防止条例では、

「前二号(触る、盗撮)に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動をすること」

との条項がありますので、間接的な痴漢も対象ということなのでしょうか。。

また広辞苑でも、「痴漢」は、

「女性にみだらないたずらをする男」

と定義されているので、こちらも間接的な痴漢も対象ということなのでしょうか。。

ネットの反応

「女性の言ったもん勝ちやん…. 流石に電車乗るの怖い」

「痴漢で起訴されて、有罪になる確率は99%。この数字は『本当にやった人』『やっていない人』『やっていない、と主張した人』すべてが含まれている。匂いまで痴漢扱いされたら100%になるんじゃない?」

「触ってないってのは両手上げるなりすれば主張できるけど 、嗅いでるかどうかなんて嫌がらせで冤罪かけられたらどうすりゃいいの…」

「必要以上に首もとに息かけられたり、じーーーっと見られたり、必要以上に距離近かったり、されたことある。女性をなんだと思ってんだよ。」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする