【一度は行ってみたい!】日本の絶景スポット

季節によって様々な美しさを楽しめる、日本ならではの「絶景スポット」を今回は紹介していきます。




人津久の浜/長崎県

長崎県にある「人津久(ひとつく)の浜」はまるで海外のリゾート地かと思うような、とても美しい海です。

エメラルド色の海に、白い砂浜なのに海水浴シーズンでも他の海水浴場などのような人混みはありません

また、砂浜が西向きのため日が暮れる頃には夕日が絶景です。

モネの池/岐阜県

岐阜県にある「モネの池」は岐阜県関市板取にあり、「名もなき池」でしたが、そのあまりの美しさに「モネの池」と呼ばれています。

モネの池は岐阜県関市板取の根道神社の脇にある貯水池で、透明度が抜群です。

睡蓮が咲き、錦鯉が泳いでいます

モネの池には高賀山からの湧き水が常に流れ込んでいて、信じられないような透明度を保っているのです。

また、頭にハートマークがついている鯉がいることから『ハートマークの鯉を見つけると恋が成就する』と話題になっているようです。

SNSでこのモネの池が話題になり、多くの観光客が訪れているそうです。

蓮が咲く季節に行くがオススメですよ。

錦帯橋/山口県

山口県にある「錦帯橋(きんたいきょう)」は日本三名橋の1つに選ばれている国内屈指の木造橋です。

錦川に架けられた美しい5連のアーチが特徴です。

春には桜の名所としても有名です。

元乃隅稲成神社/山口県

山口県にある「元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)」。

昭和30年に白狐のお告げによって作られた神社です。

この神社の鳥居は123本あり、長さは100メートル以上あるそうで、断崖にある神社から海に向かって、鳥居のトンネルをくだるのが一般的な参拝方法です。

またお賽銭箱が5メートル上空にあり、入ったら願い事が叶うとされています。



天橋立/京都府

日本三景の1つである「天橋立」。

展望所から股のぞきで眺めると天へかかる橋のように見え、絶景です。

約3.6kmの砂に約8000本もの松並木が続き、その美しさはとても神秘的です。

また、「天橋立ビューランド」からはサイクルカーや観覧車に乗りながら天橋立を見ることができます。

摩周湖/北海道

北海道にある「摩周湖」は日本一の透明度を誇る湖です。

摩周湖には隣接する河川がないため、外部からの有機物の侵入がほとんどありません。

北海道遺産にも指定されていて、「摩周ブルー」と呼ばれているほどの独特な青さが特徴です。

摩周湖には、

・『摩周湖を訪れて霧で湖面が見られなかったカップルは長持ちする』

・『未婚者がよく晴れた摩周湖を見ると婚期が遅れる』

というジンクスもあるそうです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする