【危険?】マルチ商法やMLMを勧誘してくる人の特徴とは?

アムウェイやニュースキンといった会社を聞いたことはありませんか?

そのような会社はマルチ商法で儲けている会社です。



久々に連絡が来た人に会ってみたらマルチ商法の勧誘だった経験はないでしょうか?

今回はマルチ商法の特徴と、勧誘してくる人の特徴についてお伝えしていきます。

マルチ商法とは?

正式名称は連鎖販売取引で、マルチ商法はその通称です。

既存会員が新規会員を勧誘し、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大していく販売形態です。

商品を購入して会員になり、自分もまた商品の買い手を探し、買い手が増えるごとにマージンが入り、自分の系列に加入者を増やしていくと大きな利益が得られるという構造です。

つまり自分が会員になっても、自分が新規会員を獲得できなければマージンが入ってこないので、みんな必死に新規会員を獲得しようとするのです。

ネットワークビジネスMLM(マルチレベルマーケティング)とも呼ばれたりもしています。

ネズミ講との違い

マルチ商法とネズミ講を混同している人がいますが、それは間違えです。

ネズミ講とは、正式には「無限連鎖講」と呼びます。

現在の日本では、無限連鎖講は法律で禁止されており、罰則もあります。

それに対し、マルチ商法自体は違法や犯罪ではありません(「特定商取引法の連鎖販売取引」に沿った販売形態であればの話です)。

マルチ商法をしている人の特徴

突然ご飯やビジネスに誘ってくる

新規会員獲得に必死で、久しく連絡を取っていない人にも連絡します。

現状満足しているのか聞いてくる

「今の生活や収入で満足?」と聞いてきて、こちら側の不満を引き出そうとしてきます。

SNSにやたらパーティの画像を載せる

定期的にセミナーやパーティに参加するので、大人数が写っている写真をアップし、自分の人脈をSNSで披露します。

将来の不安について煽ってくる

「正社員が安定の時代は終わった。」などと根拠のない言葉を並べて、将来の不安を口にします。

マルチ商法勧誘の特徴

誰でも簡単に権利収入が入ると言ってくる

また不労所得や自由などといった言葉も使ってきます。

セミナーやパーティに誘ってくる

セミナーやホームパーティーに誘ってき、成功者に会わせようとしてきます。

金銭的な面には一切触れない

不労所得や権利収入といった都合のいいことしか言ってこなく、リスクには一切触れません。



勧誘されやすい人の特徴

明るい人、社交的(お調子者)な人

こういう人達なら受け入れてくれそうと単純に思ってしまうのです。

素直な人、人当たりがいい人

勧誘者が自分のペースに持っていきやすそうと思っているので。

起業や独立の夢をもっている人

勧誘者は「起業・独立願望=マルチ商法をやる」の構図を持っている人が多いです。

現状に満足していない人

誰しも少なからず不満を持っているものですが、勧誘者側が少しでもそれを感じ取ったなら、ターゲットになります。

気が弱そうな人、若い人(特に大学生)、地方出身の人

勧誘者がごり押しすれば、すぐに会員になってくれると思っています。

マルチ商法勧誘の断り方

曖昧な態度を取ると、また勧誘される可能性があります。

ですのでやる気がないのであればきっぱりと断りましょう。

また「友達が少ないから勧誘できない」などと言い、断りましょう。

それでもしつこく勧誘してくるのであれば、LINEをブロックしたり、着信拒否をしましょう。

おわりに

筆者も大学生あたりから数回、勧誘を受けていますがすべて断っています。

皆様も上記の特徴があればマルチ商法の可能性があるので、早めに対策をしておきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする