【ビックリ!】意外と知らない儲かる職業

世間には、あまり知られていない高収入な職業が意外とたくさんあります。

年収と合わせて紹介します。

フードスタイリスト

テレビや雑誌、広告の撮影など、様々なメディアで視覚的な食を演出する仕事

また、コンビニやレストランなどで新商品の開発アドバイザーを務めることもあります。

年収は1000万を超える人も多いそう。

馬の調教師

調教師の収入は、

・自分の管理馬をレースに出走させることによる収入

・管理馬が勝利したことによる収入

・馬主から馬の管理に支払われる収入

などから成り立ちます。

JRA所属の調教師の平均年収は、約1200万と言われていて、有名な調教師だと

その倍の額になると言われています。

ソムリエ

クライアントの希望に沿って、その場の雰囲気や料理にぴったりのワインを選ぶ仕事

資格をとるのにも実際に仕事を始めるのにも、経験が必要なので長い時間がかかりますが

ワイン好きな方にはおすすめな職業です。

年収は約610万

爆発物処理

海外だと、爆発物処理者の年収は約1800万ほど。

日本でも機動隊の上にいけば、ボーナスを含めてかなりの年収になります。

主に爆発を使った犯罪に必要とされる仕事で、不審物の確認爆発物の搬送撤去などを

行います。

いくら高収入とはいえ、常に危険と隣り合わせな職業です。

電線調査のヘリコプターパイロット

電線調査のヘリコプターは山間部などに設置されている送電線の保守点検作業をします。

ヘリコプターの特性である、空中停止や低空低速飛行を最大限活用し、送電線送電線周辺の

点検作業を行います。

パイロットの免許がなくてはならないので、そう簡単になれる職業ではありませんが、

年収は約1200万

学童擁護員

小学校の通学路などで子供を安全に誘導する仕事です。

「みどりのおばさん」と聞いたら、ピンとくるかもしれません。

この職業、もともとは夫を亡くした女性の失業対策事業として始まったものだったのです。

当時は日雇い仕事でしたが、1965年から正規の職員になりました。

なんと月額給与は約70万と言われていて、年間で800万円ほどになるそうです。

これは驚きですよね。

電車運転手

電車運転士の平均年収は、都市部の大手鉄道会社で30歳で600万前後と言われています。

電車の安全運行のためには、社員が心身ともに健康であることが欠かせない為、

各鉄道会社は福利厚生にも力を入れています

勤務時間は不規則になってしまう職業ですが、安定した待遇で働くことができます。

おわりに

年収1000万円以上の人は全体の3.9%と少数です。

「もっと稼ぎたい」と思っている人は徹底的にリサーチして動き出してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする