【驚愕】間違った耳かきを続けると危険?!正しい耳かきのやり方とは?

だれもがやっている「耳かき」ですが、実は多くの人が間違った方法でやっているかもしれません。

間違った耳かきを続けていると病気になる可能性があります。




耳垢の役割とは?

耳垢とは、新陳代謝で古くなった外耳の皮膚の一部や、耳に入ったホコリ・ゴミ、さらに皮膚から分泌される液体によってできています。

耳垢には、「乾燥してカサカサしているタイプ」と「ねっとりとしていて粘性のあるタイプ」があり、日本人はカサカサしているタイプが多いと言われています。

耳垢が汚いというイメージを持っている人が多いと思いますが、実は耳垢は汚いものではありません。

耳垢は、含まれている脂肪によって外耳の皮膚の潤いを保つ作用があります。

さらに、殺菌作用のある「抗菌作用」が含まれていて耳の中を保湿すると共に、皮膚の保護やゴミ、小虫などが耳の奥に入らないようにガードしてくれる役割があります。

頻繁に「耳かき」をするのは良くない

耳かきをしすぎると、抗菌作用のある耳垢がなくなるので『カビ』が生えたり、『菌が繁殖』したりする可能性があります。

他にも「耳垢塞栓」といって、耳垢で耳の奥がふさがれてしまう病気になる可能性があると言われています。

この「耳垢塞栓」は綿棒で掃除をする時に、誤って耳垢を奥に押し込んでしまうことが繰り返されることによって起きることもあります。

しかし、耳垢が多すぎると外耳道を詰まらせて、聞こえにくくなることがあるので、耳かきの頻度は2週間に1回程度で十分だそうです。

毎日耳かきをしているという人は、少し我慢して2週間に1度程度に抑えましょう。



正しい耳かきのコツ

耳かきをする時、ついつい耳の奥まで耳かき棒や綿棒を入れてしまいがちですが、耳垢は耳の入口から1センチぐらいまでしか溜まらないため、それ以上奥を掃除する意味は余りありません。

また、耳かき棒や綿棒で耳垢をとろうと強く擦ってしまうと、外耳の皮膚を傷つけて外耳炎を起こしてしまうことがあります。

力任せに外耳の壁面を擦ることはやめましょう。

また、全ての耳垢を取り除くことは避け、耳かきをする時間は約2~3分間を目安にしてください。

他人に耳かきえをしてあげるコツ

家族や恋人、子どもなどに耳かきをしてあげる際は、膝枕は避けてください

理由は、取り損ねた耳垢が耳の奥に落ちていき、鼓膜付近に溜まってしまう可能性があるためです。

他人に耳掃除をしてあげる場合は、お互いが座っている状態が一番良いでしょう。

小さくて見にくい、影になってみにくい、という時はペンライトを用意し耳の中を照らしてながら掃除するとよいでしょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする