【雑学】運転免許証の12桁の数字の意味

運転免許証には、「番号」という欄に、12桁の数字が記載されています。

この番号の意味は何でしょうか?


美しいホームページを作るなら Z.com

免許証には、一人ひとりに12桁の番号が割り当てられています。

コンピューターを使って運転者の管理業務をスムーズに行うために、昭和56年に警視庁より「運転免許証の番号及び内容について」の通達があり、全国統一の形式と内容で、免許証の番号管理の運用が開始されました。

紛失や盗難等での再発行を行わないかぎりは、一人にひとつの固有の番号になりますので、免許更新や引越しで住所変更などを行っても、番号が変わることはありません。

運転免許証番号の意味は?

免許証の番号は、左から桁数によって意味があります。

左から順番に、

  • 1・2桁目:公安委員会コード
  • 3・4桁目:初めて運転免許を取得した年の西暦下2桁
  • 5~10桁目:各都道府県の公安委員会によって割り振られた番号
  • 11桁目:チェックデジット(ミスを検出するための数字)
  • 12桁目:再発行回数

となっています。

公安委員会コード

左から1桁目と2桁目の番号は、各都道府県の公安委員会のコードになっていて、初めて運転免許証の交付を受けた都道府県公安委員会のコードが記載されます。

なお、海外で最初に免許を取得した場合は、国内免許に切り替えた都道府県の公安委員会コードが適用されます。

免許取得時の西暦

左から3桁目と4桁目の番号は、初めて運転免許を取得した年の西暦の下2桁になります。

平成3年に免許証を取得した場合は、西暦1991年なので(91)が、平成18年に免許証を取得した場合は、西暦2006年になるので(06)が記載されます。

都道府県により扱いが異なる6桁

左から5桁目以降、10桁目までの6個の番号は、各都道府県の公安委員会によって扱いが異なっています。

5桁目から8桁目までが色分けされている理由も含めて、基本的に免許証番号としてどんな意味があるのかは公表されていません。

管理番号という位置づけになっていて、通し番号の都道府県もあれば、ランダムに割り振っている都道府県もあるようです。

免許証を取得した時の試験結果や、個人の犯罪履歴がわかるなど、色々な憶測が流れています。これは、番号の意味が公開されていないことによる影響があります。

チェックデジット

左から11桁目の番号は、チェックデジットと呼ばれていて、一定数の数列の書き間違いや入力ミスを検出するための数字になります。

免許証番号の場合は、1桁目から10桁目までの10個の数字を、一定の法則で計算する「モジュラス11ウェイト」という計算式で得られた数値が割り当てられています。

例えば、免許証番号をコンピューターに入力した時など、最初の10個の数字に誤りがあれば、11桁目の数字と合わないために、入力間違いとわかるわけです。

また、上10桁の番号を適当につけた偽造運転免許証を作成しても、計算により11桁目の数字を合わなければ見分けがつくということになります。
美しいホームページを作るなら Z.com

再発行回数

一番右にある12桁目の番号は、運転免許証の再発行回数になります。

1度も再発行を受けたことがなければ(0)と記載されます。免許証の更新や区分変更を行ってもこの数字は変わりません。

また、破損などでの再発行の場合、手元で内容を確認することができれば、この数字は変わりません。

紛失などでの再発行の場合にこの数字が変わることになり、10回再発行を受けた時は(0)ではなく(1)と表記されます。

交付年月日の右側にある5桁の番号

運転免許証の番号とは別に、免許証表面の交付年月日の右側にも5桁の番号が記載されています。

これは「照会番号」と呼ばれていて、左から1桁目と2桁目は各都道府県の公安委員会によって扱いが異なり、交付した運転免許センターに割り当てられた番号であったり、優良運転者や、初回更新者などの運転者区分に割り当てられてた番号であったり様々です。

なお、左から3桁目以降は、その日に都道府県内で交付した免許証の通し番号になっています。

美しいホームページを作るなら Z.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする