【そうだったんだ】兄弟構成で分かる恋愛傾向part2

前回の続きで兄弟構成から分かる恋愛傾向についてまとめました。

今回は一人っ子、末っ子の恋愛傾向を紹介していきます。




 一人っ子

一人っ子女子

親の愛情を一心に注がれて育ってきた一人っ子なので、愛情表現が豊かな人が多いです。

兄弟のいない環境で育った一人っ子女子は、大なり小なり「自分の世界」を持っています。

思い通りにいかないことは我慢するよりも、態度に出します

態度に出やすく、思い通りにいかないことを嘆くのでワガママと言われてしまうことが多いです。

そして、常に兄弟がいなく寂しい思いをしてきた一人っ子女子は、大人になると「かまってちゃん」になることが多いようです。

更に『兄』という存在に非常に強い憧れを持っているため、年上の男性を好きになることが多いといいます。

『年上』というだけで異性と意識してしまうこともあるそう。

一人っ子女子は愛情深く、嫉妬深い為、恋人と些細なことで喧嘩になりやすいです。

彼氏ができても女友達を疎かにすることはないので、忙しくなる傾向にあります。

一人っ子男子

一人っ子男子は、女性の好みが比較的はっきりしています。

ブランドものや趣味にお金をかける人が多く、プライドが高いので、

自分のことを好きでいてくれる女性をキープしようとしてしまうこともよくあります。

兄弟がおらず、誰かに譲ることや心を折られる経験が無かったため、「自分が何より大切」という性格になってしまうことが多いようです。

そして、他の人間と競争することなく育ってきたため、ゆとりを持って考えることが多いようです。

大人になっても自分のペースは変わらないので、時にわがままと思われてしまうこともあります。



末っ子

末っ子女子

末っ子女子は上に兄や姉がおり、家族中でも自分が一番年下である事から、小さい頃から家族や周りの人から愛されやすい環境だった場合が多いです。

とても甘えん坊気質で、相手がどう思うか解っていてあえて、小悪魔な態度に出る部分があります。

好きな男性ができると、その人に自分にだけ夢中になってもらいたい一心から、時折ツンデレな発言や行動をする事があります

しかし、ただ甘えたなだけではなく、兄や姉の失敗を身近で見る機会が多かったことから、意外にしっかりしているところもあります。

任せられた事はキッチリと最後までやり遂げようとし、責任感もあります。

マナーや常識はしっかりしているので、モラルのない男性が苦手です。

末っ子男子

末っ子男子は親や兄弟から可愛がられて育ってきたため、年下感が強く出ることがありますが、それを実は不満に思っていることが多いようです。

だから女性の前だといつもの可愛い自分ではなく、クールな一面を見せて「カッコイイ」や「頼れる」と言われたいと考えています。

ただの甘えん坊と思われがちな末っ子男子ですが、兄弟の動向を見て育っているため要領が良い一面もあります。

怒られることには慣れていないので、けんかになると「相手がなぜ怒っているのか」を理解できない人もいるそうです。

そして、怒っている人の対応が苦手なことから、怒られるとふてくされるケースが多いです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする