【悲痛】後悔再捜索2018春 記憶喪失の男性、1989年に行方不明になった男児か

1月31日放送の「緊急!公開大捜索’18春」(TBS)で、記憶喪失の男性として紹介された

和田竜人さんが、1989年に徳島県で行方不明になった松岡伸矢くん(当時4歳)ではないか

と話題になっています。




緊急!公開大捜索’18春

2018年1月31日TBS系列で放送された

「緊急!公開大捜索’18春〜今夜あなたが解決する!記憶喪失・行方不明スペシャル〜」

に出演した、自称25歳の和田竜人さんが1989年に徳島県で行方不明になった

松岡伸矢くん(当時4歳)ではないかと話題になっています。

和田さんは2014年に愛知県の商業施設のトイレで、栄養失調と脱水状態で倒れているところを

保護されました。

和田さんによると、一部の記憶障害があり10数年間にわたって見ず知らずの男性に

軟禁されていた、と言います。




和田竜人さんプロフィール

名前:和田龍人

年齢:推定25歳

保護年月:2014年7月29日

保護場所:愛知県弥富市の商業施設のトイレ

身長:167センチ

体重:50キロ未満(発見当初)

松岡伸矢くん行方不明事件の概要

松岡伸矢くんの一家は茨城県牛久市に住んでいました。

家族構成は父・正伸さんと妻・圭子さん、長女、伸矢くん、次男(当時2歳)の5人で

暮らしていました。

1989年の3月5日、母・圭子さんの母親が急死し、6日に徳島県小松島市で営まれた葬儀に

参列するために徳島県にいました。

そのあと一家は車で1時間ほど離れた貞光町の圭子さんの親戚宅を訪れ、この日は宿泊。

翌朝、父・正伸さんは3人の兄弟と従兄弟の子供を連れて近所に散歩に出ました。

10分ほどで散歩を切り上げて家に戻ります。

抱いていた次男を家の中にいた圭子さんに渡し、玄関先に戻ってくると伸矢くんの姿が

見えなくなっていました

この間、わずか40秒ほど。

伸矢くんの姿がみえないことに気づいた正伸さんは、すぐに周辺を捜索。

親族や地元の消防団も加わり、近所を探したが発見することができず、午前10時に警察に

通報しました。

当初は山で迷子になっているのではないかと思われ、その日のうちに山間部で大捜索が

行われました。

その後3ヶ月捜索を続けましたが、見つけることができませんでした。

松岡伸矢くんと和田竜人さん

ネット上では松岡伸矢くんが行方不明になった当初の写真と、現在の和田竜人さんが

非常に似ていることや、生年月日が一致することから2人が同一人物ではないかと

推測されています。

現在、和田竜人さんは25歳とされていますが、行方不明になった松岡伸矢くんだった場合、

現在の年齢は32歳

もし2人が同一人物なら、10数年間に渡って和田竜人さんを軟禁していた男性が、

松岡伸矢くんを誘拐した犯人なのでしょうか。

2018年、2月2日に徳島県警は「和田竜人さんと松岡伸矢くんのDNAを調査する」と

していましたが、翌日DNA鑑定を中止すると断言しました。

理由は、「和田竜人さんは、行方不明の松岡伸矢くんではないと判断したため」としました。

徳島県警がDNA鑑定を中止したということは、何か有力な情報が入ったのかもしれません。

おわりに

和田竜人さんは、身元が分からないため戸籍がありません。

早急に身元が判明し、今後の人生を歩んでほしいです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする