【ゲス不倫】小室哲哉が引退発表

2018年1月19日、音楽プロデューサー小室哲哉さん(59)が、引退を宣言ました。

1月18日発売の週刊文春で不倫疑惑を報じられたからだという。

小室哲哉さんは、詰めかけた大勢の報道陣を前に、

「今回の報道で妻のKEIKO、家族、ファンの皆様、スタッフの皆様、いろいろな方にご心配、お相手の方にもご迷惑おかけしたこと、お詫び致します」と謝罪。さらに騒動の責任をとる形で「僕なりのけじめとして引退を決意しました」

と発表しました。

騒動の経緯

報道によると、小室哲哉さんは、12月中旬にある女性宅に泊まり、1月上旬には都内の高級ホテルで密会。

妻のKEIKOが実家に帰省している1月上旬には自宅に女性を招き、一夜を共にしたという。

同誌の取材に小室は、不倫疑惑について、

「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」

とした上で“男女の関係”を否定。だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めていました。

小室哲哉さんは2002年にglobeのボーカル・KEIKO(45)と結婚。

2011年にKEIKOがくも膜下出血になって以来6年、献身的にリハビリを支えてきましたが、

「大人の女性としての会話のコミュニケーションが日に日にできなくなって、かわいそうな気持ちもあったけど、そこを諦めてはいけないことが、精神的なサポートというのは、重々承知していた」

と話し、

「3年ほど前から疲れ始めてきたことはあったと思います」

と素直な心境を吐露しました。

仲の良い信頼できる看護師さん?

小室哲哉さんは、お相手を「仲の良い信頼できる看護師さん」とし、「男女の関係ではない、全くありません」ときっぱり語った小室哲哉さん。

しかし、

「誤解を生じさせて、往々にして男女の関係を想像させる環境もあった。これを最近、皆さんで使ってらっしゃる言葉で使わせていただきますが『不徳の致すところ』という言葉以外にはありません。そこは重々承知しています、申し訳ありません」

と陳謝しました。

ネットの反応

小室哲哉さんの会見全文を今読んだんだけど、これを聞いて、読んで、全く批判なんて出来ない。苦しすぎて胸が詰まる。小室さんにとって音楽は仕事という言葉では収まらない人生そのものな訳で、KEIKOさんは妻であると同時に音楽のパートナーだったのでしょう。

小室哲哉さんの引退の件で、週刊文春に批判が集まっている。 批判する気持ちも分かるが、それより問題は不倫を扱った雑誌がとにかく売れまくるという事実だ。 多くの人は立場ある人がしくじり、転落してゆくさまを眺めるのが大好物。 書く側にも問題あるが、実は買う側に問題があると僕は思うのだが。

小室哲哉さんが引退することで、よろこぶひとはいるだろうか。誰もいない。 「介護離職をくいとめよう」ってキャンペーンを厚生労働省が主導でやってるはずだけど、現実にはこんな風に追い詰められていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする