【顔画像あり】彦根警察官射殺事件 犯人は19歳の警察官 

滋賀県彦根市の滋賀県警彦根署河瀬駅前交番で、巡査部長が拳銃で撃たれて死亡した事件で19歳巡査が逮捕されました。



発砲事件 巡査部長死亡

滋賀県彦根市の滋賀県警彦根署河瀬駅前交番で、同署の井本光(あきら)巡査部長(41)が拳銃で撃たれて死亡した事件。

殺人容疑で逮捕されたのは同僚の大西巡査(19)で、「間違いありません」と容疑を認め、罵倒(ばとう)されたので撃ったなどと話していることが12日、捜査関係者への取材で分かりました。

大西巡査は昨年4月に採用され、今年1月29日に同署へ配属されたばかりで、県警はトラブルや事件の詳しい経緯などを調べています。

犯人は大西智博(おおにし ともひろ)容疑者です。

大西容疑者の発砲により、巡査部長の井本光(いもと あきら)さんは頭と背中に被弾し、死亡が確認されています。

射殺された井本光(41)巡査部長は「指導役」

県警によると、大西容疑者(19)は昨年4月に採用され、警察学校卒業後の今年1月に同署へ配属となりました。

井本巡査部長とともに3月26日から河瀬駅前交番の勤務となり、同僚になったばかりだった。

同交番では、2人と、別の巡査の計3人が勤務しており、井本巡査部長は2人の指導役でした。
逮捕された巡査は11日午前8時半から、井本巡査部長と2人で交番で勤務し、井本巡査部長が事務作業をしている間に背後から撃ったとみられ、その後、拳銃を持ってパトカーで逃走しました。



同日午後8時15分ごろ、交番から南に約4kmの同県愛荘町の田んぼで、パトカーが放置されているのが見つかりました。

県警は付近を捜索し、12日午前1時35分ごろ、同町内の近江鉄道の線路上を歩いている制服姿の巡査を発見し、巡査は抵抗することなく身柄を確保され、同5時半ごろに逮捕されました。

身柄確保の際は拳銃を所持していなかったが、同7時ごろに彦根市や愛荘町に隣接する同県豊郷(とよさと)町内の田んぼで、手錠や警棒とともに見つかりました。

拳銃にはもともと、5発の銃弾が装填されていました。

うち2発は井本巡査部長に向けて発射されたとみられ、発見時には3発残っていました。

ネットの反応

・パワハラにでもあってたのか?
てっきり自殺してしまうのかと思ってたけど、確保されたんだな。

・てか10代の未成年に銃持たせてんの?
そっちにビックリ

・捕まってよかった
滋賀県民安心して眠れるだろう

・捜索のために名前公開してたから消したのか
銃所持だから少年法関係ねえだろってことかと思った
まぁなんにしろ少年法適用の19に拳銃持たせていいのか?ってのは議論になるだろうな

・未成年でも名前出せるなら、凶悪犯は全部名前出せや!

・アメリカの話かと思った。

・警察が殺人とは



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする