松山刑務所逃走事件、ついに逮捕

愛媛県今治市の松山刑務所から受刑者が脱走した事件で、30日、受刑していた平尾龍磨容疑者と良く似た男の身柄を確保しました。



刑務所から脱走からの逮捕

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者が脱走した事件で、広島県警は30日、受刑者の平尾龍磨容疑者逃走容疑などで指名手配されていましたが、広島市内で確保し、逃走容疑で逮捕しました。

平尾容疑者は4/8日の夜に作業場の寮から脱走し、現金や衣類が盗まれる被害が相次いだ広島県尾道市の向島に潜伏しているとみられていました、島から西に約70キロ離れた地点で22日ぶりに確保されました。

平尾だ。もう逃げん」と本人が認め、指紋などが一致しました。

逮捕時は財布と現金2万円余りを持っていました。

事件発生から逮捕まで

4月8日に、平尾龍磨容疑者が刑務所から脱走しました。

同日午後8時半ころに近くの民家から車が盗まれ、今治市と尾道市にかかる瀬戸内しまなみ海道の向島IC付近にある駐車場で、平尾龍磨受刑者が乗り捨てたと思われる盗難車が見つかりました。

4月9日に、愛媛県警が、単純逃走容疑で指名手配し、顔写真が公開されました。

脱走した8日から13日には、向島の民家や車から現金や衣類などが盗まれる窃盗被害が計7件発生しました。

車上荒らしの現場で平尾容疑者の指紋や一致するDNA型が検出された10日朝以降には痕跡が確認できなかったようですが、近くの岩屋山に設置された防犯カメラが平尾容疑者に似た不審者の姿を24日の夜に捉えていたことが判明しました。

両県警は25日以降、岩屋山を24時間態勢で取り囲み、付近の空き家や山林を集中的に捜索していました。



両県警は延べ約1万5000人を投入し捜索しました。

一方、広島県警には「よく似た男を見た」などの情報が島外からも含め約400件以上寄せられていました。

26日に、向島で不審な衣服や寝袋が見つかりました。

30日午前11時40分ごろ、広島県警の警察官が広島市内の路上を1人で歩いているところを見つけ、職務質問し、「平尾だ。もう逃げん」と本人と認めたため、警察が逃走の疑いで逮捕しました。

23日間の逃亡劇でした。

逮捕現場は、広島市南区の路上だということです。

逮捕後の平尾龍磨受刑者

ネットの反応

・GWだから平尾も休みたくなったんだろ

・松山刑務所から広島市内まで逃走するんだからすごいよなぁ。

・逃走犯見つかったの広島駅横のフタバ図書ネットカフェかよ。

泊まったことあるわ。

・あ~捕まったか・・・
俺の懸賞金がぁ

・やっと捕まって、みんな安心のゴールデンウィーク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする