「配達サービス」に革命!?20分で商品が届く!

いまや課題だらけの配送業界ですが、新たなサービスが誕生していっています。

いったいどのようなサービスなのでしょうか?



ドミノ・ピザのピザが20分で届く!

今までにないピザ配達が話題になっています。

追加料金216円を支払うことで、20分以内にピザを届けてくれるサービスが開始されました。

都内限定とかだとわかりますが、全国の店舗でスタートしています!

また、時間内に届けられなかった場合は、次回Mサイズのピザが無料になるクーポンをプレゼントするとのこと。

ピザが食べたくなったら216円を支払って試してみるのもありですね。

楽天市場で購入した商品が郵便局で受取可能に

楽天市場で購入した商品が郵便局等で受取可能になりました。

郵便局に商品が到着後、楽天市場から送られてくるメールの問い合わせ番号・認証番号を郵便局の窓口で伝えれば、郵便局で商品の受取が可能となります、

また、コンビニでの受取や、日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」にも対応しています。


通販サイト「ロコンド」が配達を24時まで受付

ファッション通販サイト「ロコンド」は6時〜24時の時間帯は、1〜2時間単位で配達時間帯を指定できる配送サービス「ファーストクラス便」の提供を開始しました。

このサービスの利用料は390円かかりますが、ロコンドで5400円以上の購入であれば390ポイント還元されるので、実質無料で利用できることになります。

ゆうパックやヤマト宅急便を利用すれば時間指定は午前は午前中のみの指定でいつ届くかわからない、午後からはほとんどが2時間単位なので1時間単位が指定できるこのサービスは助かりますね。

こういったサービス開始の経緯

ネットショッピングが普及し、今や配送業界が課題だらけです。

物流運輸業界に詳しいコンサルタントは、

「10年後には24万人のトラックドライバーが不足する」

と述べており、さらなる深刻化を予想しています。

そうなれば、「時間指定の再配達」等のサービスも続けられなく可能性もあります。

コンビニへ宅配ロッカーを設置する場合、一台あたり約200万円のコストがかかります。

自宅への宅配ボックスは設置費用は、当然コンビニの自己負担となります。

トラックドライバー不足が深刻化する中、国土交通省は再配達の削減を呼び掛けています。

再配達は配送業者に大きな負担をかけることになります。

負担が増えれば、サービスの質の悪化やコストの引き上げが生じ、利用側にもマイナスになってしまします。

おわりに

どんどん便利なサービスが提供されていきますが、配送業者泣かせな気がします。

利用者側は配送業者の苦労等も理解して利用していただきたいものですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする