【あなたの会社は大丈夫?】倒産が近い会社に現れる前兆とは?!

倒産する可能性は、どこの会社にもあると言っても過言ではありません。

今回は「倒産の前兆」についてまとめてみました。




備品について

備品1つ購入するのにも、チェックが異常に厳しくなるということがあるようです。

「経費削減」をうるさく言われるようになります。

無駄な経費を削減しようというものではなく、仕事に必要なものまで会社が出し渋るようになったら、会社の運転資金が底をついている証拠になります。

真夏や真冬に冷暖房を使わなくなり、社内の照明まで薄暗くなり始めることもあるようです。

また、契約更新月でもないのにウォーターサーバなどのレンタル用品が次々に解約される場合も前兆である可能性が高いと言えます。

銀行の視察

取引先の銀行が頻繁に見学に訪れるようになります。

資金繰りが苦しい会社に対しては、取引先の銀行員が様子を見に来るのです。

他にも、メインバンクが変わった、銀行以外の金融機関からお金を借りている、なども危険な前兆なので注意が必要です。

どこの取引先の人かわからないスーツ姿の人が頻繁に訪ねてくるようになったら、事務の人に誰か聞いてみるのも良いかもしれません。

経理が退職

経理は会社の金銭などの出入りを管理するための部署である為、会社の経営状態を社長の次に知っている社員です。

そんな立場の経理の人が退職するという場合は前兆である可能性があります。

急な退職や退職理由を誰も知らないようであれば、倒産を察知し早めに退職した可能性があります。

主要取引先の倒産

業種によって異なる場合も多いですが、主要取引先が倒産した場合にも注意が必要です。

会社によっては、主要取引先の数社の売上合計が売上の大半を占めている場合もあります。

そうなると、主要取引先の倒産は非常に危険です。

もちろん運転資金が十分にあったり、銀行などから融資を受けられればすぐに倒産するということは避けられるでしょう。

社長が出社しなくなる

それまで毎日出社していた社長が、頻繁に遅刻してくるようになったり、社内で見かけないようになるときも倒産の危険性を疑った方が良いです。

中小企業では、社長が自分で金策に回ることが多い為、資金調達をしている可能性があります。



会議が頻繁に行われている

『最近上層部が慌ただしい』、『目的が分からない会議が頻繁に行われている』など従業員の目から見て、そう感じるようになったら一つの前兆です。

経営状態が悪化しているため、今後の経営方針について話し合っているのかもしれません。

給与が大幅に減額

経費削減や営業努力によっても業績が改善されない場合、いよいよ従業員の給与や賞与に影響がでてきます。

毎月の給与の支払いが遅れたり額が減額されるということが起こります。

しかし、給与規則で定められている給与をカットすることは不利益変更に該当するため、正当な手続きが必要です。

従業員が知らない間に一方的に減額されることは許されませんので、会社全体で大々的に手続きが行われるはずです。

従業員の給与まで影響が出始めたら、一大事と言っていいぐらい会社は危険な状態です。

倒産の前兆が見られたらどうするべきか

前兆が見られたからと言って、必ず倒産するかどうかは分かりません。

持ち直して回復する可能性もあります。

ですが倒産時に備えて、「転職活動」をしておく必要があります。

転職活動を始めても、すぐに次の仕事が見つかるとは限りませんので、早めに始めたほうが無難です。

他にも、業績が悪化してきた頃を見計らって退職するのも1つの手だと思います。

倒産であっても給与、賞与、退職金は優先的に支払いを受けられる債権ではありますが、従業員の請求手続きが必要で手間がかかって支払が遅れることや、支払いが受けられないなどのトラブルも考えられます。

早めに退職してスムーズに支払いを受けた方が良いかもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする