朝スッキリ目覚める睡眠方法!!!

熟睡するためには何をどうしたらいい?安眠・快眠方法を知ることで、質の良い睡眠を手に入れましょう。


食事やアルコールは早めに済ます

皆さんお腹がすいていると、なかなか眠れないと思います。

だからといっておやすみ前に食事をとると、胃腸に血液が集まるので頭がボーッとし眠くなるのですが、胃や腸が活動するので、たとえ眠れたとしても、眠りが浅くなり、熟睡できませんし、消化のためにもよくありません。

食事やお酒を飲む際は、寝る2~3時間前に済ませましょう。

どうしてもお腹が空いて寝付けない時は、おかゆやうどんなどの消化の良いものを食べるか、ホットココアなどの、胃腸に負担をかけないものをオススメします。

寝る前に行うとよい行動

入浴

寝つきをよくするのに、最も効果的とされているのが入浴です。

シャワーではなく、なるべく湯船につかって全身を温めるようにしましょう。

入浴する時間の目安は、寝る1時間ほど前までの20〜30分

湯船の温度は39〜40度のぬるめに設定し、全身の筋肉を弛緩させてあげると、副交感神経が優位に働きやすくなります。

入浴後は水分が不足気味になるため、寝る前に水分補給を行うようにしましょう。

就寝1時間前にはテレビやスマートフォンを消す

テレビ、パソコン、スマートフォン、携帯電話などの電子機器の画面からは、入眠を促すホルモン・メラトニンを減らす「ブルーライト」が出ています。

また、操作によって脳の覚醒度合いも上がってしまうため、眠る1時間前、少なくとも30分前にはこれらの電源を切り、画面を見ないようにしましょう


ストレッチ

ストレッチを行うタイミングは入浴後がオススメです。

質の高い睡眠をとるために大切なことは、寝る前にどれだけ体と心をリラックスさせられるかどうかということです

ストレッチによって身体中の細胞や脳に酸素がしっかりと送り届けられれば、効率よく疲労回復が進み、自律神経が安定します

寝る前のリラックス法は様々ありますが、ストレッチも方法のうちの1つです。

ストレッチをすることで筋肉の緊張はほぐされ、体をリラックス状態にすることができます。

そして、ストレッチの良いところは、体をリラックスさせることできることに加えて、精神的にもリラックスできるという点です。

ここで、寝る前のストレッチが睡眠に良い理由まとめ

・ストレッチで体と心の両方をリラックスさせることで、寝つきが良くなったり、深い眠りに入りやすくなる。

・ストレッチには、疲労回復効果や肩こり、腰痛の予防効果などもあり、次の日に疲れを残さずスッキリと目覚めやすくなる。

これらのことから、ストレッチは快眠を得るためには欠かせないリラックス方法と言っても過言ではないでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする