【訃報】星野仙一氏逝去。突然すぎる…

プロ野球界に多くの功績を残した、現楽天の星野仙一球団副会長の星野仙一氏が4日に亡くなりました。

死亡の原因は未だ明らかになっていません。

現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の2013年には自身初の日本一に輝いきました。

さらに、2017年に野球殿堂入りを果たしたばかりです。

燃える男」、「闘将」と呼ばれ、巨人を倒すために野球人生をささげてきた男がこの世を去ってしまいました。

業界人のコメント

・特に親交が深かった田淵幸一さん

星野さんと大学時代から親交があり、阪神などでプレーした田淵幸一さん。

一番の親友だった。親友が亡くなったショック、悲しさはこんなにすごいものかと初めて体験した。

・山本浩二氏「本当に早過ぎる」

アマチュア時代からのライバルにして親友、星野仙一楽天球団副会長を「本当に早すぎる」と悼みました。

大阪のパーティーのあと3日後くらいにお礼の電話がかかってたので、

『気をつけてくれよ』

と話したばかりだった。本当に早すぎる」とコメント。

・長嶋茂雄氏「仙ちゃん来い、と」

「あまりにも突然の事で本当に残念でなりません。昨年11月に開かれた仙ちゃんの『野球殿堂入りを祝う会』で『これからも野球界のために力を貸して』とメッセージを送ったばかりです。

打倒巨人』を前面に闘志満々でぶつかってきた投手だったからこそ、私も負けずに『さあ仙ちゃん、来い』と心を燃やすことができ、対戦するのが本当に楽しみでした」

・ヤンキースの田中将大投手「胴上げは大切な思い出」

あまりに突然のことで信じられません。楽天イーグルスで日本一になり、星野監督を胴上げできたことは、僕の野球人生の大切な思い出です。 メジャーでプレーすることを応援してくださいましたし、感謝の気持ちでいっぱいです。 心よりご冥福をお祈りいたします。

・元巨人監督の原辰徳氏「優しさと厳しさ、勉強させてもらった」

「本当に驚きました。そしてショックです。現役でも対戦させていただいて、監督としても戦うことができたのは、私の誇りです。」

星野さんからは、優しさと厳しさというメリハリを勉強させていただきました。最後にお会いしたのは、昨年の野球殿堂入りを祝う会でした。

・楽天の梨田昌孝監督「想像もしていなかった」

「想像もしていなかったので、ただただ驚いています。常に矢面に立ち、われわれを支えてくださいました。」

あの厳しさと威圧感を継承しながら、心新たに現場とフロントが一体となり戦ってまいります。

さいごに

巨人戦が地上波で毎日放送されていた頃、筆者も野球好きでよく目にしていた人でしたのでショックです。

心からご冥福をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする