【GW後に注意!】5月病にならないための対策

GWが終わってしまうと「仕事に行きたくない」「なにもしたくない」と憂鬱な気分になってしまいますよね。

今回は5月病にならないための予防や原因についてまとめました。




5月病とは?

5月病とは医学的には『抑うつ状態』と言い、気分が落ちて気力や行動力が乏しくなった状態のことを言います。

5月のGW後に「学校、会社に行きたくない」「なんとなく体調が悪い」「集中できない」などの症状を総称して『5月病』と呼ばれています。

初期的な症状は食欲がなくなったり、不眠になったりすることから始まり、欠席や欠勤が続くことがあります。

5月病の原因は?

5月病になる主な原因はストレスです。

進学や就職、引越しなどの変化が多い新年度はストレスが溜まってしまいます。

「しっかりしなきゃ」と気を張っている状態が1ヶ月続き、GWがやってきて休みを取ることで緊張の糸が切れてしまい無気力になってしまうのです。

5月病の主な症状

5月病の症状はうつ病とよく似ています。

  • 不眠・疲労感

悩み事が多すぎて眠ることができなくなってしまいます。

不眠になって疲れが取れなくなります。

  • 吐き気・胃痛

仕事や学校のことを考えると胃が痛くなったり、吐き気がしたりするようになります。

  • ネガティブ思考になる

普段はポジティブに物事を考えられる人でも、ネガティブ思考になってしまいます。

何気ないことに傷ついてしまったり、落ち込んでしまいます。

  • 倦怠感

5月病に最も多い症状が倦怠感です。

4月まではやる気や自信に満ち溢れていたのに、何のやる気も起きなくなってしまいます。

やらなければいけないことは分かっているけれど、体がついていかなくなります。

5月病は一過性の不調です。

ですので大体の人は1ヶ月~2ヶ月程で症状がなくなります。

しかし、症状が長引くようなら医師に相談してみましょう。

5月病からうつ病に発展してしまう場合もあります。


5月病にならないために

5月病は誰にでも発症の可能性があります。

5月病にならないためには、ストレスを溜めないことが大事です。

職場の同僚や家族、信頼できる友人などとコミュニケーションをしっかりとりましょう

話すだけでストレスは軽減されます

他にはバランスの良い食事を摂ることも重要です。

『セロトニン』という精神を安定させる作用がる神経伝達物質が働きます。

セロトニンを分泌させるにはアミノ酸、ビタミンB群、炭水化物が必要です。

無理をせず、できる範囲でバランスの良い食事を心がけてみましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする