iCloudはもう古い?写真管理は「Googleフォト」一択!

みなさんはスマホで撮り溜めた写真、どうしていますか?

最近は写真は画質も良く、容量も大きいので容量を圧迫します。

そんなときにGoogleフォトの出番です。




※Googleフォトの利用にはGoogleアカウント(無料)が必要です。

Googleフォト


Googleフォトとは2015年からGoogleが開始している写真用オンラインストレージサービス(クラウドサービス)です。

Googleフォトを使うと、写真や動画をまとめてクラウドに転送し、どこからでも閲覧できるようになります。

Googleフォトのすごいところ!

  • 無料で容量が無制限!

最大の魅力は無料で無制限に写真を保存できることです。

設定で画質を「高画質」に設定しておけば、無制限にアップロードできます。

  • デバイスを問わず利用できる

Googleフォトにアップロードされた写真・動画データは、クラウド上、つまりオンラインストレージ(Googleフォトライブラリ)に保存されているので、同じアカウントでログインすればパソコンやタブレットでも閲覧、編集が可能です。

スマートフォンの機種変更、乗り換え、また紛失してもGoogleフォトに保存しておけば、写真データの移動の手間なく新しい携帯でも写真を共有できます。

無料出店でかんたんネットショップ開業【イージーマイショップ】

  • スマートフォンの容量削減にも効果絶大

Googleフォトのアプリケーションを端末にインストールすると、撮影・保存した写真や動画は全て自動でアップロードしてくれます。

バックアップは『Googleフォト』アプリで一度設定してしまえば、アプリを起動するだけで自動で行ってくれるので面倒な手間がいりません。

スマホのストレージ(容量)がいっぱいで写真や動画が撮れない!

スマホのストレージ(容量)がいっぱいでアプリがダウンロードできない!

なんてことも防ぎ、スマートなスマホライフが送れますね。

  • 写真を共有できる

Googleフォトでは簡単に家族、友達とも写真・動画を共有することができます。

Googleフォト上に作成したアルバムは、他のユーザーと共有することも可能です。

スマホで利用する際の注意点

「モバイルデータ通信を使用してバックアップ」をオンにすると、外出中でもバックアップが可能になりますが、データ通信量が増えます

ですので写真が多い場合、月間のデータ通信量を使い切ってしまい、通信規制がかかってしまう可能性があるので注意しましょう。

Wi-Fi接続時にのみ自動アップデートを許可する設定をしておけば、その分データ通信量を節約できるので、そちらを設定しておけば問題ないです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする