【あるある】幼少期に勘違いしていた言葉たちww

幼少期に勘違いしていた言葉はありませんか?

筆者は波浪注意報ハロー注意報だと思っていました。

今回は皆が勘違いしていた言葉たちをまとめてみました。




加齢臭→カレー臭

加齢臭はカレーの臭いがするものだと思ってました。

加齢臭は子供の時に初めて聞いたときは、なんでカレーのにおいがするの?と思っていた。

台風一過→台風一家

台風一過とは、台風が過ぎ去ったあとの晴天のことを言います。
台風が過ぎると高気圧が訪れ、晴天になる事が多いのです。

台風が続々とやってくることを家族に例えていると思っていた。

汚職事件→お食事券

公職にあたる人が、自らの地位や職権などを利用して、横領や収賄、天下りをし、またその見返りに特定の事業所などに対し、優遇措置をとる不法行為のことです。

食いしん坊だったからどんな食事が食べれるのかワクワクしてた。

冥土の土産→メイドの土産

冥土へ行く際に持参する土産のこと。
それを手に入れて初めて安心して死ねるような事物をいいます。

冥土の土産って最初真面目にメイドさんへのお土産のことかと思ってたわ。



敗者復活戦→歯医者復活戦

「敗者」という言葉を知るまでは勘違いしていました。

「歯医者復活戦」だと勘違いしていて、歯医者さん同士の争いごとだと認識していた。

扶養家族→不要家族

子供の頃は、「扶養家族」を「不要家族」だと思っていて、悲しい家族だなーと感じていました。

「扶養家族」を「不要家族」だと思っていた幼い頃、病院の受付で「奥様以外にふよう家族は何人ですか?」に「2人です」と答えた父親に恐怖と軽蔑の念を抱いた。

東名高速→透明高速

透明な高速が都会にはあると思っていました。

小学生の頃、東名高速は透明高速だと思っておりましたよ。近未来やなぁ!て。

ニコラス・ケイジ→ニコラス刑事

刑事さんの名前だと思っていました。

中学生の最初の頃までニコラス・ケイジの事をニコラス刑事だと思っており、何かの映画のキャラクターだとずっと勘違いしてた。

仮面夫婦

仮面夫婦とは、冷たい表情の上に笑顔の仮面をかぶっているような、本音を隠している夫婦のことを指しています。

小さい頃、仮面夫婦のことを仮面を被った夫婦と勘違いしていた。。

ゴランノスポンサー

「ご覧のスポンサー」のことですね。

だいたいのTV番組で言うので、勘違いしてしまうかもしれません。

子供の頃、テレビ番組は「ゴランノスポンサー」っていうところが作っていると思い込んでいた。

筆者も幼少期にはほとんど勘違いしていたものばかりでしたw


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする