【悲報】カジノの入場料、日本国民は2000円とする方向で調整へ

カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備をめぐり、政府は、ギャンブル依存症の防止につなげるため、本人と国内在住の外国人を対象に1人2000円を軸とする方向で調整に入ったそうです。





全国に複数のカジノができたとしても、入場料金は一律とし、事業者による割引等は一切認めない方針だそうです。

※ただし訪日外国人は対象外なので、日本に在住している日本国民が搾取対象のようです。

海外のカジノで料金を徴収するの例は少ないですが、日本人の320万人ほどがギャンブル依存症と言われているのでそのような方向に向かっているのでしょう。

日本のギャンブルの還元率

種類 還元率 法律 法の目的
宝くじ 45.7% 当選金付証票法 地方財政資金の調達
競艇 74.8% モーターボート競走法 1 船舶産業の振興
2 公益の増進
3 地方財政の改善
競輪 75.0% 自転車競技法 1 機械産業の振興
2 公益の増進
3 地方財政の健全化
競馬 74.1% 競馬法 1 機械産業の振興
2 公益の増進
3 地方財政の健全
オートレース 74.8% 小型自転車競走法 畜産の振興
サッカーくじ(toto) スポーツ振興に必要な財源確保
パチンコ 85%前後

この表を見ての通り、大体のギャンブルは還元率75%以下となっています。

還元率75%というのは簡単に言えば、

「10000円の払い戻しの時に7500円しか払い戻しされない。」

という事です。

2500円は胴元の利益となるわけです。



カジノの還元率

種類 還元率
スロット 95%前後
ルーレット 97.29%
バカラ 98.64% – 98.8%
クラップス 99.54% – 99.986%
ブラックジャック 96% – 102%

この表を見る限りでは日本のギャンブルとは比べ物にならないぐらい還元率がいいですね。

IR事業者からカジノ収益の一部を納付金として国が徴収する案も

IRの事業者からカジノの収益の一部を納付金として国が徴収し、国と地元の都道府県で半分に分け、観光や福祉など公益目的の事業に活用するとしているほか、IRの事業者の負担割合を一律で30%とする案と、累進型で30%から50%とする案を併記して盛り込んでいます。

ネットの反応

本当にギャンブル依存症防止したいなら、せめて利用可能額を制限するべきじゃないですかね まぁ収益が減るからやらないだろうけど

カジノ入場料2000円の効果やら賛成の是非より、どこにそのお金が使われるのかがきになる。

カジノ入場料2000円+身分証明書の提示(これはマイナンバーカードがいい)これくらいやってもいいと思う。外国人はパスポートでいいか?

ギャンブル依存症防止のためにカジノに入場料を設けるみたいだけど、依存症の奴らは入場料の2000円も回収すればいいって思考だからなんの抑止力もないよね 依存症の解決策ではなくただの税金集め?そのへんはよくわからんけど



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする