【何が変わる?】2022年から成人年齢が18歳に引き下げに!

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案が3月13日に閣議決定しました。

改正法が成立すれば、喫煙や飲酒、成人式はどうなるのでしょうか?



若者の自立・社会参加を期待

2016年6月に選挙法が改正され、18歳以上の国民も選挙権が与えられるようになりました。

これに引き続き、成人年齢を引き下げることによって、若年者の自立や社会参加の促進が期待されることになります。

しかし成人年齢を18歳に引き下げることによって、親の同意がない法律行為を原則取り消すことが可能な未成年者取消という保護制度が喪失してしまいます。

現在は未成年の18、19歳がローンやクレジットカードの契約をしても保護者が未成年者取消権を行使して白紙に戻すことが出来ますが、成人年齢を引き下げれば出来なくなってしまいます。

また悪質業者のターゲットとなることや、マルチ消費などの消費者被害が広がる恐れがあると指摘されているので注意しましょう。

成人式はどうなる?

現在、成人式のあり方を定める法律はありません。

改正法が通常国会で成立すれば2022年4月に施行される見通しで、その年度の成人式は対象者が18、19、20歳とこれまでの3倍になり、全成人を収容できなくなる施設もでてくるかもしれません。

ですので成人式は今後の各地方公共団体の対応次第といったところでしょうか。

成人式は同級生との再会を楽しむ場にもなってきています。

「いつも一緒に勉強する同級生が改めて集まっても……」というネットの声も。



その他

ローンやクレジットカードを契約できる!

18、19歳でも経済的に自立している場合は、法定代理人の親らの同意なくローンやクレジットカードの契約が可能となります。

さまざまな国家資格・免許の取得ができる!

今まで20歳以上しか取得できなかった国家資格や免許18歳から取得できるようになります。

10年有効のパスポートを18歳から取得できる!

現在の未成年は5年用のパスポートしか発行できませんが、成人年齢を引き下げることによって18歳から10年パスポートを発行できます。

女性の結婚できる年齢も18歳に引き上げ!

現在の日本の法律では女性は16歳で結婚できますが、今回の法改正で18歳に引き上げられ男女統一するそうです。

喫煙・飲酒、ギャンブルは20歳以上のまま!

飲酒・喫煙や公営ギャンブルについては健康被害などを考慮し、現状と同じく20歳未満を維持するそうです。

まさか成人式にお酒を飲めないなんて。。。

ネットの反応

成人年齢引き下げなくても良くないか? 18歳なんてまだ成人とは言えなくないか…???

18歳を成人にするならもう酒もタバコも18で解禁でええやん なんで酒タバコは20までまたなあかんの?笑

成人が18歳になるてことは俺でもローン組めて大学行けるてこと 安倍総理バンザイ

おわりに

統一性がないというか、何か中途半端な感じがしますね。。

世界の主要国の成人年齢は18歳がほとんどですが、日本は今まで通り20歳でいいのでは?と筆者は思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする